うな瀬

蒲焼きや白焼きの製造・販売。|行列が出来るうなぎ専門店うな瀬|うな瀬

コンテンツ

商品カテゴリ

リンク集

 

静岡県HP『ふじのくに食の都」


 

初めての方はこちらをどうぞ

HOME»  鰻雑学”百科

鰻雑学”百科

“うなぎ雑学”百科

≪蒲焼きの語源はいろいろ≫

蒲焼きという言葉の起源については、諸説あり。文献などで見られる説には、主に次のようなものがあります。

◎昔は、丸のままたてに口から尾まで竹串に刺して、塩焼きにしていたが、その形が蒲の穂に似ているので「がまやき」といわれ、それが転訛したという説。

◎うなぎを焼いた色が樺色である。または、樺皮に似ているため蒲焼きに転じたという説。

◎かんばしい香りが、早く人の鼻に入るという意味で、香ばや賀転じたという説。

◎蒲鉾から転じたという説。

◎昔は椛(さくら)の皮をすいて、竹串の変わりに挟んで焼く調理法もあり、椛の皮を「かば」というから、そこから来ているという説。

≪土用の丑の日にうなぎを食べる≫

土用の丑といえば、うなぎ。ところで、日本で土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、いったいいつからのものなのでしょう。これには諸説があり、真相ははっきりしていません。

一般的に良く知られている説は江戸時代、平賀源内がこの習慣を広めたという説。ある鰻屋に頼まれて平賀源内が店の看板を書いたとき、それがたまたま土用の丑の日だったので、「本日土用の丑の日、うなぎ召しませ」と書いたところ、人々は「有名人で博学の大先生がかいたものだから、丑の日とうなぎの栄養は深い関係があるのだろう」と考え、これが大評判になって、その店は、千客万来の大繁盛。以来、他のうなぎ屋もこれを真似るようになったというのです。

≪やっぱり夏バテ防止の王様“うなぎ”≫

昔から栄養価が高いと信じられてきたうなぎ。実際はどう何でしょううか。元東京都消費者センター研究所所長で、食品研究家の増尾清氏に伺いました。「うなぎには、良質なタンパク質や、カルシューム、ビタミンA、ビタミンE、などがたっぷり含まれており、まさにビタミンの宝庫といえる食品なのです」↓参照

    うなぎに含まれているビタミン郡

ビタミンA   視力回復に良く効き、ガンに効果があるともいわ       

         れています。うなぎには豚肉や牛肉の100倍以上

         のビタミンAが含まれています。

ビタミンE   老化防止や成人病に良く、牛肉の約10倍も含ま

         れています。ビタミンEは、体内で不飽和脂肪酸  

         の酸化を抑え、血管をリフレッシュさせて、若さと

         健康を取り戻します。

カルシューム ほねを作るカルシュームは牛肉や豚肉の50倍以 

         上含まれています。

DHA     頭が良くなると話題になったDHA(ドコサヘキサエ

        ン酸)。DHAにはガンの抑制作用、コレステロール

        低下作用、抗アレルギー作用などもあります。

EPA    血液中の中性脂肪やコレステロールを抑える働き   

       のあるEPA(エイコサぺンタエン酸)です。

    

栄養満点のうなぎを好んで食べるのはサラリーマンに人気です。うなぎを好む理由を聞いてみると、「うなぎ料理はボリュームがあって、活力も出る。」これに反してどうも若い女性たちには人気がないようです。その理由をいくつかあげると、「カロリーが高そう」「脂っぽい」「土臭い」「皮が気持ちが悪い」という意見が聞かれます。この中でもやはり「カロリーが高そう」いう意見が、若い女性がうなぎを敬遠する理由の筆頭。でも本当はうなぎはその印象ほどカロリーは高くはないのです。他の料理とカロリーを比較してみると・・・・。

カロリー比較表

とんかつ定食         ・・・・876Kcal

スパゲティーカルボナーラ  ・・・・756Kcal

ミックスサンド         ・・・・682Kcal

カツ丼             ・・・・900Kcal

天丼              ・・・・752Kcal

中華丼            ・・・・732Kcal

ねぎとろ丼          ・・・・715Kcal

うな丼             ・・・・647Kcal

これらの数字からもわかるよううに。実は低カロリー。しかも栄養価が高いのですから、うなぎは実は美容色、女性の味方だったのです。

≪理に叶っている“山椒”≫

うなぎには山椒が付きもの。うなぎの脂が口の中で山椒と交じり合うと、脂っこさがなくなり、山椒の風味がうなぎの美味しさをより引き立てます。でも山椒の効果はそれだけではありません。「山椒はミカン科の植物で、スパイスとして使われるのは、実を包む皮の部分。この部分に消化吸収を高め、胃酸の働きを活発にさせる働きがあるのです。昔から漢方の世界では胃の薬として使われています。この成分に『不飽和アミドが含まれているので、うなぎの不飽和脂肪酸と同様に血液をきれいにする作用もあるのです(増尾氏)

理論的にも立証されている「うなぎと山椒」の関係。鰻に山椒をかければ、食後胃もたれする事もなく、健康アップに役立つ事間違いなしです。

<名古屋流「ひつまぶし」が全国区に・・・>

名古屋独特のうなぎの食べ方として有名なのが“ひつまぶし”。2年ほど前から、この食べ方が関東でも人気を呼び、今では全国でも知られるメジャー料理になってきました一匹のうなぎで3倍美味しく食べられるお得感が、若い世代の心を捉えたようです。

(用意するもの)

細かく刻んだうなぎ・薬味(刻みネギ・わさび・刻みの

り・おだし・ご飯

【食べ方】

一杯目・・・ご飯の上に刻みうなぎをのせてそのまま    

       食べる

二杯目・・・上記の上に薬味(刻みネギ・わさび・刻み

       海苔)をのせ、まぶして食べる。

三杯目・・・刻みうなぎと薬味をのせた上からおだしを

       たっぷりかけてお茶漬けにして食べる。

    ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑

 うな瀬の商品の中にも刻みうなぎ(薬味・おだし付

 き)販売してます→刻みうなぎ←こちら